ムダ毛処理おすすめコラム

脱毛するときに気をつけるべきことは?

更新日:

脱毛をするにあたって最初のカウンセリング説明を受けることになりますが、次の項目に該当する方は、施術を受けることができないというルールを設けているところが多いです。
生理中であること。
日焼けをしていることです。

生理中は脱毛できない

まず、生理中においては、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は普段の生活では浴びることのない量の光を照射してムダ毛の毛根にダメージを与えて、発育を妨げる働きを行うのですが、生理中になるとレーザーやフラッシュのによる照射光が生理中の肌には刺激が強すぎてしまうということがあります。
生理中は特に肌が敏感な時期になりますので、どの脱毛エステサロンにおいても注意事項の欄に注意書きがあることが多いです。

脱毛期間中に日焼けしてはいけない

次に、日焼けをしていることですが、フラッシュ脱毛もレーザー脱毛も照射をする際に、黒い色素に反応して光を照射しています。
そのため、日焼けをしていると機械からすれば全身が黒い色素に覆われていることで、ムダ毛だけでなく日焼けをした肌にまで、直接照射をしてしまう恐れがあるため最悪の場合皮膚がやけどをおこしたような炎症の跡が残る場合があります。

さらに詳しく シースリーは日焼けした肌では脱毛ができない?|日焼け肌でもOKの脱毛サロンは?

女性の利用者が多いことでやや女性向きの理由がたくさんならんでいる状況です。
しかし、男性においても、ヒゲ脱毛が今は流行っているのですが、ヒゲを剃らずにそのまま脱毛をしようとする場合は、ヒゲのシェービングが必要となりますの別途1000ほどでヒゲの処理をしてから脱毛へとすすこともあります。

ヒゲが伸びしていると、ヒゲの色自体も黒い色をしているためフラッシュやレーザーの照射に反応をしてしまい、結果として日焼けをして脱毛をした人と同じような症状になる危険性があるため、利用することができますが、どうしても施術を受けたという場合であれば、スタッフに追加料金である1000円ほどを支払いプロにシェービングを行ってら雨というコズが出来上がります。
生理中や、ムダ毛の処理忘れなどの項目に該当する人は注意ください。

-ムダ毛処理おすすめコラム

Copyright© シースリーの教科書 , 2019 All Rights Reserved.